« 別れの季節? | トップページ | 今日から11月・・・ »

2006年10月31日 (火)

昔のCDを引っ張り出す!

ドラマ「の○めカン○ービレ」に感化されて、クラシックが聴きたい季節・・・

先週のドラマでR.シュトラウスの交響詩「ティルオイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」がかかってたので、大昔に買ったCDをゴソゴソ出して・・・聴いてみた。

ちなみにカラヤン指揮のベルリンフィルだす。

靴つくりの職人があちこちで奇行を演じるというこの作品は、確かにホルンの出始めからなんとなく愉快な旋律が多い。♪パパパパ~ラ、パパパパ~ラ・・・・・ポン、ポン、ポン♪

解説によると、

坊さんに化けて辻説法をしたり、貴族に化けて貴婦人を口説いて失恋したり、学者になりすまして問答したり・・・するが、捕らえられて裁判にかけられ絞首刑にされる・・・

というお話・・・・へえ、そんな話がこの曲にはあったのか??

確かに最後の方のドラムの連呼+金管のジャージャーン、ジャージャーン、ジャージャーン・・・は断頭台を連想させる。

またドラマではマーラーの交響曲第8番「千人の交響曲」も流れてました。

この曲の荘厳な感じが大好き!!合唱付だしね。
これについてはまた後日・・・気が向いたら。

今週の分はまだ見ていない。何かと忙しくてさぁ~(><)

今日は書類作りで忙しいので手短にこのへんで・・・。

ふぅ。 ε=( ̄。 ̄ )なんとか今日も穴を開けずに更新できました。
わぁ━━ヽ(。^∀^。)ノ━━ぃ!!

|

« 別れの季節? | トップページ | 今日から11月・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昔のCDを引っ張り出す!:

« 別れの季節? | トップページ | 今日から11月・・・ »