« 「明日の記憶」 | トップページ | 今日はこればっかり・・・ »

2006年6月 4日 (日)

功名が辻22話(光秀転落)

ああ、今日は日曜日・・・・なんだか忙しいな。

そうです、大河ドラマ「功名が辻」の日なのです。
今日はいよいよ本能寺前夜・・・・・・

いよいよ本能寺が近づいてきて、舘さん・信長の出番が今日は多かったですねぇ・・・。

信長が明智光秀はん(坂東三津五郎)をイジメにいじめます。

まず、家臣の目の前でケタぐった挙句、頭をパチンです。・・

信長はやはり天皇を超えようとしたのでしょう。
新しい国家体制に朝廷は不要と言いました。「予がこの国の王である」

それに光秀はんが意見・・・「上様は朝廷を滅ぼさんとお思いですか?」

すると信長がニラミます。ギョロッっと・・・怖い怖い、舘さん、迫真の演技です。

これで光秀はんの信長不審は頂点に達したと思われます。
さらに追い討ちをかけるように徳川家康の接待役を命じられ、その席でなんくせをつけられますね。料理が腐っておる・・・・と。

完璧にはめられましたね光秀さん。いいがかりもは甚だしいです。

この場面を見ていると、なんか忠臣蔵思い出しますね。
浅野長矩が吉良上野介からいろいろイチャモンをつけられて刃傷におよぶまでのイジメ・・・これにそっくりやん。

しかも、同僚の秀吉の戦を手伝えと命じられた挙句、今の所領は召し上げ、まだ毛利の所領である出雲地方を切り取り次第与えると仰せつかります。

召し上げって・・・収入が入ってこないやん・・・一家も家臣も兵士も養えなくなるのに戦争には行けってそんなめちゃくちゃな!!

そうやって追い詰められた光秀はんは、5月28日、京都の愛宕山に祈願に行くのです。

何の祈願って???

それは・・・・・必勝祈願ですよ。

そこであの有名な歌

とき(土岐明智氏)は今、あめ(天)がした(下)しる、五月哉」と詠んだと言われています。

つまり明智が天下を取ると宣言したんですね。

ドラマの中で坂東さんがこの句を詠んだとき、思わず

キターーーーーーって叫んじゃいまいした。

そこへ六平太登場!!信長が少人数で本能寺に宿泊する予定と伝える。
ホンマに・・・六平太っていったい・・・何者?

画面が変わったら既に本能寺で、今日は信長と濃姫が仲がいいぞ~????

今週は光秀はんとのメロドラマは無いようで・・・・良かったよかった。(笑)

でも映見・濃姫さん「あんた早くそこ出ないと・・・・・死ぬで!」

そしてまた六平太が登場。千代に本能寺の変を予告する。←ありえね~。

ま、ドラマですから・・・ってところが今回も随所にあったけど、やっぱり舘さん・信長が今回もドキドキしましたね。

いよいよ次週、「敵は、本能寺にあり!!」です。

|

« 「明日の記憶」 | トップページ | 今日はこればっかり・・・ »

コメント

今日は館さん、阪東さんの魅力をおなかいっぱい楽しむことができましたね!!

来週の「敵は本能寺にあり」、、、目が離せませんね!!

投稿: てれすどん2号 | 2006年6月 5日 (月) 00時11分

こんばんは!

>ホンマに・・・六平太っていったい・・・何者?
確かに!なんだか光秀が六平太の掌の上で踊らされている印象を受けました。
香川さんにはいつか家康役とか胡散臭い役を演じてもらいたいです。

舘さんの上野介。強そうです。用心棒で渡団長や石原良純がいそうです。47人では歯が立たないかも。

投稿: 琉河岬 | 2006年6月 5日 (月) 00時44分

コメント、ありがとうございました。

秀吉と光秀、どうしても相対する関係だったということでしょうか。
不器用な光秀も良かったと思うのですが、
世の中はやはり渡り上手な方が得しますもんね。

次回はいよいよ”本能寺の変”です!
どんな描かれ方なのか、楽しみで仕方ありません。

投稿: BROOK | 2006年6月 5日 (月) 12時20分

コメントThank's です!!

☆てれすどん2号さん
どうもです!この2人の演技は素晴らしかったですね。鬼の形相の舘さんと、悩みまくる坂東さん。おそらく実在の2人もこんな感じだったのかな…と思って見ていました。
最後の登場となる次回が楽しみです。予告では舘さんが鉄砲で応戦してましたね…。

☆琉河岬さん
どうもです。
香川さんは数年前の秀吉のイメージが抜け切れません。でも最近見た「明日の記憶」の香川さんもいい感じでした。大きな俳優になりそうな予感ありますね。
舘さんが吉良だったら、内蔵助は故・裕次郎でないと四七士がおびえてしまって討ち入りにいけませんよ…(笑)

☆BROOKさん
いつの時代も世の中世渡り上手が得ですよね。でも秀吉のように絶えず上様のご機嫌取りをして生きるのも疲れそうな気がします。
真っ直ぐに生きても損をしない世の中になればいいけど…そうはいかないのが人の世なんですよね。
では、次回に期待しましょう!

投稿: HIDE-X | 2006年6月 5日 (月) 16時28分

HIDE-Xさん、どうもです!
昨日は忙しい1日になりましたね・・・(笑)
光秀の生真面目さが悲劇に繋がっていくのは、悲しいですが、今も昔も生真面目だけでは世渡りできないのは、共通していたんでしょうね・・・。
来週はいよいよ・・・、どのように描かれているのか、気になりますね。

投稿: りっきー | 2006年6月 5日 (月) 17時06分

☆りっきーさん
まいどどうも~。昨日は本当に忙しかったですね。タイガースが負けたのは残念ですが、大河~で満足?←まだひっぱるか~?!!(笑)
現代のサラリーマンなら転職…という手がありますが、光秀さんの場合、一介の武士ではなく大名なので、主君を見限る=謀反or死の道しかないんですね。裏には足利将軍か朝廷が操っていたのかもしれませんが哀れな気がします。おまけに長い間極悪人のレッテル貼られてますからね…。歴史とはむごいものです。


投稿: HIDE-X | 2006年6月 5日 (月) 17時23分

HIDE-X さん

いつもお世話になります。

しかし領地召し上げはきついっすよね。

固定給はやらんから
来月からは歩合給だぞ!と言われるようなものですよね。

朝廷説。ありますよね~
光秀は朝廷を重くみてましたから。

どうでしょうか!!

投稿: 「感動創造」 | 2006年6月 6日 (火) 00時38分

☆感動創造さん
こちらこそお世話になります!
朝廷説ありそうでしょ?正親町天皇がいろいろ声をかけたけど、真に受けて動いたのは光秀だけだった…。みたいな感じでは?信長と正親町天皇には確執があったらしいですからね。
朝廷をないがしろにするあんな態度では確執も起こって当然でしょうが…。しかし本能寺の変は謎が多いですよね…。
では、次週に期待しましょう!!

投稿: HIDE-X | 2006年6月 6日 (火) 00時57分

こんにちは。お世話になります。
>本能寺朝廷説 
 ドラマとそれは別にして、実際はひょっとしたら・・・・・・と感じますね。
 そうなると、逆にその後の秀吉の対応が非常に興味深く感じ取れますね。

>香川六平太
 「利家とまつ」の秀吉のイメージは確かにありますね。
 そのような役を続けた俳優さんが、別の映画(ドラマ)で、ドジな人間を演ずると、それだけで「意外性」を感じてしまいますね。

投稿: りふ(竜)=なごやん | 2006年6月 7日 (水) 18時41分

☆りふ(竜)=なごやん さん
まいどどうもです!
本能寺朝廷説…なごやんさんのブログ興味深く読ませてもらいました。
やっぱり正親町天皇とその取り巻き怪しいっすね…。秀吉も信長後継者でありながらも、天皇へは臣下の態度をとったあたり、さすがは世渡り上手ですね。(ってか出自からしてそうせざるを得なかったか?)
待望の「本能寺」まであと4日ですね!


投稿: HIDE-X | 2006年6月 7日 (水) 20時03分

いつもお世話になってます
あり得ない話しいっぱいあったけど、
いよいよ来週本能寺ですね。
信長かっこよく死んでほしいし、光秀の死に方にも注目です。どんな哀れな最期を見せてくれるか楽しみo(^-^)o ワクワク
ッテ変でしょうかワタシ?

投稿: ぱるぷんて海の家 | 2006年6月 9日 (金) 11時51分

☆ぱるぷてん様
こちらこそお世話になってます。
いよいよあさってになりましたね。
光秀はちゃんと槍に刺されて死ぬのでしょうか?新しい展開もあるかもですね。坂本城で自刃?生き延びて天海僧正になる?
期待して見ましょう!!

投稿: HIDE-X | 2006年6月 9日 (金) 20時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66184/2074481

この記事へのトラックバック一覧です: 功名が辻22話(光秀転落):

» 功名が辻のすばらしさを語ろうの会 時は今、、、赤い悪魔信長に対するは、明智光秀。 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ ]
今日は来週の「本能寺」への足がかりそのもの、といっても過言ではなかろう。本能寺までの道のりを、細かく丁寧に描いていた。 もはやこの国に朝廷はいらぬ!!よがこの国の王である!!!。。。 僕が尊敬していた日本史予備校講師の先生が考えるそのままの信長となった。目にアツいものを浮かべる光秀に対して、鋭い眼光で光秀を見下ろす赤い信長。彼の眼はこの世のものではないほどの光があった、、、。まるで悪魔のご... [続きを読む]

受信: 2006年6月 5日 (月) 00時10分

» 功名が辻 第22回 [ななさんにトラックバック(仮)]
{/shootingstar/}オープニング 1582年、歴史は大きく動く。 武田滅亡。 上杉勢も謙信亡きあとは勢力後退。 毛利も信長勢に領土を切り取られていた。 光秀こんな状況でよう裏切ったなぁ{/face_ase1/}。 {/shootingstar/}本編 一豊は中国攻め(出張中)。 千代は留守中の些細なことでも一豊に手紙を書いているようです。 桜の花が咲いたとか、燕が巣を作ったとか。 千代はいと&としに手紙の書き方を指南します�... [続きを読む]

受信: 2006年6月 5日 (月) 00時26分

» 功名が辻22「甘え上手の秀吉」vs「一言多い光秀」 [ぱるぷんて海の家]
この日のためにワンセグ携帯買ったのに、結局ろくに観ることも出来ず10時からのBSでやっと観られました。 本能寺が近づくにつれ、信長の描き方が気に入らないのですワタシャ! まあ、所詮フィクションだからどんな描き方してても良いのだけど。デモ気に入りません。文....... [続きを読む]

受信: 2006年6月 5日 (月) 00時34分

» 【功名が辻・感想レビュー】光秀転落 [必然的なヒストリー]
今回はタイトル通り、明智光秀が主役の回でした。いいですね、クライマックス(あくまで前半の)が近づいているという、この緊張感。まずはほのぼのパートから。正直、不要なシーンだと思いましたがメインディッシュは後のお楽しみと言う事で。「文を書くことで私は夫と戦っている」相変わらず良い事言いますね千代は。場面は変わり、中国攻めの陣中へ。おっ、最初に登場したのは一豊様ではなく斉藤洋介。申し訳ありませんが、私は... [続きを読む]

受信: 2006年6月 5日 (月) 00時35分

» 「功名が辻」第二十二回 [日々“是”精進!]
第二十二回「光秀転落」天正10年春。備中高松城を攻めている秀吉軍にいる一豊に、千代は毎日のように家中の出来事を文にしたためていた。一方、武田氏を征伐した信長は、いよいよ得意の絶頂に立っていた。そんな信長は、光秀が「われらが多年の骨折りのかい、今こそ実っ...... [続きを読む]

受信: 2006年6月 5日 (月) 04時32分

» 舞台は本能寺へ・・・〜功名が辻・第22話〜 [りっきーのブログ日記]
 いよいよ物語りは、前半の折り返し点となる本能寺へと向かって来た功名が辻・第22話。  ついに光秀が追い詰められてゆきます。  武田攻めを終え、まさに日が昇る勢いの信長は光秀を呼び寄せ、「余がこの国の王である」と宣言し、朝廷など不要と言わんばかりのセリフを光秀に浴びせます。    武田攻めに際して、信長に協力しなかった恵林寺の僧で光秀と同郷の出身である快川 紹喜を焼き討ちで滅ぼしてしまった事からも、色々と燻ったものが増してしまった感じなのですが、光秀がこれまで命をかけていた幕府の復古だけ... [続きを読む]

受信: 2006年6月 5日 (月) 17時06分

» 功名が辻 第22話:光秀転落 [あるがまま・・・]
あぁ、刻一刻と…(o(T.T;o )(o;T.T)o)おろおろ あれってほんとに腐ってたのかなぁ?ともかく光秀@坂東三津五郎の やる事なす事が気に入らない様子の信長さま@舘ひろし。 それは嫉妬からくるものなのか、単に性格が合わないだけなのか・・・ このドラマで見る限り、真面目で知的な光秀だから、何で信長からあのような仕打ちを 受けなくちゃならないの〜と不思議に思ってしまいますわぁ{/ase/} 自分の事を神だの仏だの王だの言っ�... [続きを読む]

受信: 2006年6月 5日 (月) 19時39分

» 功名が辻 第22回「光秀転落」 [さくら色通信]
今日も見ましたよ、「功名が辻」。今回は目の前に迫ってきた本能寺の変に向けて光秀の信長に対する恨みの気持ちを盛り立てていくようなお話だったのですが、私にとっては「ホンマかいな〜」という疑問の多い内容でしたが…。一豊いぢめのお次は光秀いぢめ。家臣たちの前で...... [続きを読む]

受信: 2006年6月 5日 (月) 21時39分

» 功名が辻第二十二回「光秀転落」〜本能寺の変、黒幕は誰だ!〜 [「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
「時は今 天が下知る 五月哉」                 光秀ブルー [続きを読む]

受信: 2006年6月 5日 (月) 23時30分

» 【功名が辻】第二十二話 [見取り八段・実0段]
わしには、上さまが明智どのを嫌っているようにしか見えん。と言う一豊の言葉が正しいのか、他の武将と競わせようとしている、と言う千代や秀吉が正しいのか。明智どのは耐えなければならんのじゃ。一介の浪人から取り立てられたのは、上さまのおかげ。それを感謝する事を...... [続きを読む]

受信: 2006年6月 5日 (月) 23時32分

» 「功名が辻」第二十二回 [リリコ雑記]
「光秀転落」 と衝撃的な題名の今週号。なので、主人公放っといて、光秀メインです。(爆)長かったようで短かったけど、いよいよもって来週は、 メインイベントでもある「本能寺の変」ですねっ。↑っつーか、主人公は(一応)一豊だし。主人公(というより妻・千代)のメインイベントは先週で終わっちゃったし。(おい)そんな大河ドラマのHPはコチラ。⇒★って、うわーっ。 びっくり。いつもの、微笑ましい山内夫婦のトップじゃなくて、舘ひろしのお屋... [続きを読む]

受信: 2006年6月 6日 (火) 12時14分

» 功名が辻 第22話 [くつろぎ日記]
緊迫の45分でした。歴史に全く疎いワタシでもさすがに本能寺といったら、 反応してしまいます。ええもちろん、前後関係は全然わかりませんけどね・・ [続きを読む]

受信: 2006年6月 6日 (火) 22時24分

« 「明日の記憶」 | トップページ | 今日はこればっかり・・・ »