« 久しぶりに全員集合!! | トップページ | 一日が早い・・・ »

2006年5月22日 (月)

功名が辻 (信長さらに怖い!!)

先週に引き続き、「功名が辻」ネタです。

今日は、舘さん信長が、更にさらにヒートアップ!!怖いんですっ!!

まずは荒木村重を説得に行った黒田官兵衛(如水)が村重に寝返ったと早合点し、官兵衛の嫡男・松寿丸(後の福岡藩初代藩主・長政)を切れと命じます。

これは千代と一豊の工作で(って事はホンマはないと思うけど・・・)松寿丸をかくまい、事なきをえますが・・・。(このあたりの工作の様子は司馬遼太郎の「播磨灘物語」に詳しく描かれていたはずです。確か竹中半兵衛様が別の子供の首を信長に差し出すんだよね。)

播磨灘物語〈1〉 Book 播磨灘物語〈1〉

著者:司馬 遼太郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

でも、この時もし信長の命令に従って松寿丸が殺されていたら・・・関ヶ原の戦の功労者と言われる黒田長政公は歴史にいない訳で、家康は天下が取れたかどうか分からないし、また筑前黒田藩も成立してなかったんですよね?あ、すみません、福岡住民なのでついつい黒田家について考えてしまった・・・。

話を戻して・・・今日の一番の見せ場は、信長がなんと24年前の恨みを持ち出して家臣を追放してしまうんですよ!
なんでも、林通勝が24年前、信長の弟を擁立して反旗を翻した恨みを今頃になって蒸し返し、また佐久間信盛には石山本願寺攻めで戦功がなく、もう役にたたなくなったから捨てるとのこと。

決め台詞は・・・

「使えぬ道具は捨てる他なし!!」

怖いよ怖いよぉ~。人間を道具って言っちゃった。明日は我が身だってみんな思うよ~。まさに現代のリストラですね。

しかし・・・舘さん、メッチャはまってます!!

林通勝も溜まりかね、「上様は御自分を神とでもお思いか?」と反抗しましたが、火に油を注いだだけでしたね。

明智光秀はんも一層不信感、恐怖感を強めました。「迷いがないのは上様(信長)だけかもしれません・・・」とっポツリ。やはり信長は人間ではないという事か?

和久井映見の濃姫もそんな信長を見かねて忠告しますが、聞く耳持たずです。
この夫婦大丈夫なんでしょうか?今までのドラマでの描き方は結構仲が良くて、本能寺の変では一緒に矢を放って応戦するんだけど、このままでは、想い人の光秀はんと一緒に謀反を起こしかねない感じです。

いや~、描く人によって微妙に史実が脚色されるからドラマは面白いんでしょうね。

次回はいよいよあのお金を使って馬・・・・の話(これも実話ではないという説が有力ですが・・・)です。期待しちゃいましょう!!

|

« 久しぶりに全員集合!! | トップページ | 一日が早い・・・ »

コメント

初めまして。TBどうも有難うございました。
最近の信長…本当、自分が「神」であるかの如き振る舞いで毎回強烈になってますよね。舘さんも相当なりきってて、更にインパクト大です…。
この唯我独尊の信長が遭遇する本能寺…今から興味深いですね。

こちらからもTBさせて頂きました。
それでは、失礼致します。

投稿: なると | 2006年5月22日 (月) 17時37分

>なるとさん
いらっしゃいませ~。コメント&TBありがとうございます!!
こんなにハマった信長を見るのは初めてのような気がします。
舘さんのオーラと年齢がピッタリマッチした感がありますね。
欲を言えば家康の正室と嫡子を死に追いやった事まで触れて欲しかったんですが、今回はスルーのようです。
本当に本能寺まで楽しみです。逆に言うと、その後は山内家のホームドラマになるの??って感じですが。
では、また見にきて下さいね~。

投稿: HIDE-X | 2006年5月22日 (月) 18時05分

HIDE-X さん

TBコメントありがとうございます。
はじめましてですね。

これからもよろしくお願いします。

おっしゃるように、信長役の舘さんは
はまってきましたね。

実は、当初、若かりし日の信長と舘ひろしのシブサと
まったく合わないという意見が多かったんですよね。

やっとリンクする年頃になっていただけました!(笑)

投稿: 「感動創造」 | 2006年5月22日 (月) 18時53分

こんばんは、はじめまして!
こちらこそコメント&TBありがとうございます。
信長の暴走は、もう誰にも止められないんでしょうね・・・。
本当に舘さんの信長、ハマってますよね・・・。
当初の若い頃は色々と意見があったみたいですが、今は最高のキャスティングではないでしょうか。
来週も楽しみですね!
これからもよろしくお願いします^^!!

投稿: りっきー | 2006年5月22日 (月) 22時10分

★TB&コメントありがとうございます!!★
>感動創造さん
いらっしゃいませ!
僕も最初はキャストのほとんどに???クエスチョンでした。
「この時まだ若いはずなのにみんなジジイやん」って…。
時代が進んでやっと少しは見れるようになってきました。
今までは若い俳優を無理やり老化させるのが多かったのに、今回は逆パターンを狙ったんですかね。(主役の二人以外は)
では、今後とも宜しくお願いします!!

>りっきーさん
ご訪問ありがとうございます。
りっきーさんは大河好き&タイガー(阪神)好き←うわっ、下手な洒落だ…
という事で、同じ匂い?を感じてしまいました。
今日も勝ってオリに3タテ!!この調子で走りましょう!
では、こちらこそ宜しくお願いします。

投稿: HIDE-X | 2006年5月22日 (月) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66184/1887613

この記事へのトラックバック一覧です: 功名が辻 (信長さらに怖い!!):

» 功名が辻20・話が出来すぎ君の巻 [ぱるぷんて海の家]
今年の大河ドラマ歴史的な縛りが少ないせいか、回を重なるに連れて「何でもかんでも一豊家中心」の展開になってきました。どうも話が出来すぎです。これだけできすぎ君状態では脚本家の方もキット楽でしょう。 話が出来すぎ君その① 黒田官兵衛幽閉の話は有名だけど、....... [続きを読む]

受信: 2006年5月22日 (月) 10時51分

» 功名が辻 迷うが人 [平成エンタメ研究所]
 第20回「迷うが人」。 「武士とは何ぞや?」  ずっと迷っている一豊様(上川隆也)。  松寿丸を斬らねばならぬ上意。  三木城の兵糧攻め。  小りん(長澤まさみ)の叫びがさらに一豊を迷わせる。  三木城から脱出できず、飢え苦しむ人と共に苦しみ、視力を失った小りんは言う。 「お天道様の下で生きる男がすることか? 目が見えなくなってよかった。鬼となったあんたを見なくていいから」  人の命を奪�... [続きを読む]

受信: 2006年5月22日 (月) 11時22分

» 「功名が辻」第二十回 [日々“是”精進!]
第二十回「迷うが人」官兵衛が消息を絶ってから8ヶ月、官兵衛は寝返ったのではと言い出す者が出始めた。その頃、信長からの使いが秀吉の陣屋にやって来て、人質にしていた官兵衛の嫡男・松寿丸を殺せと言う。松寿丸の身柄を預かっている一豊に秀吉は、「松寿丸を消せ」と...... [続きを読む]

受信: 2006年5月22日 (月) 12時39分

» 視力を失った小りんは・・・〜功名が辻・第20話〜 [りっきーのブログ日記]
 今回の功名が辻・第20話は前回の有岡・三木城攻めから舞台は始まりました。  前回、荒木村重の説得を試みて旅立ち、行方知れずとなってしまった黒田官兵衛。寝返ったものと判断した信長は、嫡男・松寿丸を殺すよう命じます。    この下りですが、今回のドラマではお千代さんが松寿丸を匿った事になっていましたが、史実では、秀吉が前回に亡くなった竹中半兵衛に命じて匿わせた、と言う説もあります。  個人的には、半兵衛さんの最後の素敵なエピソードとか秀吉家臣団の団結力の強さの意味でも、こっちの設定にして欲... [続きを読む]

受信: 2006年5月22日 (月) 12時39分

» 功名が辻第二十回「迷うが人」〜人の恨みは恐ろしや〜 [「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
信長は怖い!!!! [続きを読む]

受信: 2006年5月22日 (月) 15時46分

» 功名が辻 第20話:迷うが人 [あるがまま・・・]
信長@舘ひろし、こえぇぇぇ〜〜 ((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル 部屋は赤いわ、衣装は赤いわ、画面は赤いわ…あ〜んな赤鬼さんみたいな顔で すごまれた日にゃぁ、そりゃお濃@和久井映美も卒倒するわな(笑)。 いやぁ〜、長年仕えた者と言えども、使えなくなったらチョンですか… ある意味合理的ではあるけど・・・{/ase/} あれで残された者の士気が上がればいいのだけれど・・・ 荒木村重�... [続きを読む]

受信: 2006年5月22日 (月) 17時06分

» 大河「功名が辻」第20回 [ごった煮。]
実を言うと、今週の話より次回予告の方に激しく心惹かれてしまいましたが(笑)一豊憤 [続きを読む]

受信: 2006年5月22日 (月) 17時39分

» 功名が辻のすばらしさを語ろうの会 俺ってそんな変わってもうたんかなあ〜。。。 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ ]
信長の目にも涙があったのか、、、。人間やねんなあ。一豊の一存で、謀反の疑いをかけられた黒田官兵衛の人質の息子を殺す、その命にそむいて切腹覚悟に信長に進言。ひともんちゃくあろうと思ったが、「官兵衛と松寿丸を会わせよ」と涙する一面。これから信長の人間らしさ、悲哀も描かれてゆくのかな〜〜、、と思ったが、このシーンはまったく何の意味も持たないほど後半の信長のエゴイズムに消されることになる、、、。... [続きを読む]

受信: 2006年5月22日 (月) 20時18分

» 功名が辻 第20回 迷うが人 [ななさんにトラックバック(仮)]
{/shootingstar/}オープニング 毛利攻めには播磨に拠点を築くのが絶対条件。 秀吉が播磨に入ったときは、ほぼ播磨全域を手中に治めていたものの別所長治の謀反に続いて周辺の豪族も毛利に寝返ったそうです。 摂津の荒木村重の謀反もあって、いつ背くかわからぬ播磨の武士達の中で秀吉勢はピンチでした。 {/shootingstar/}本編 千代の家に黒田官兵衛の子、松寿丸が居ます{/face_sup/}。 そこに六平太も登場します... [続きを読む]

受信: 2006年5月22日 (月) 20時50分

» 『功名が辻』20「迷うが人」 [strの気になるドラマ気になるコト]
『功名が辻』第20回。2006年大河ドラマ『功名が辻』 第二十回「迷うが人」 原作のネタバレ「僅かに」ですが含むかもしれません。 ■原作:司馬遼太郎脚本家は大石静さんです。すみません。。もう語る気力すら失せたというか。。なんなんですか、これ!?もう、好きか嫌...... [続きを読む]

受信: 2006年5月22日 (月) 20時52分

» 功名が辻 第20回 [さくら色通信]
荒木村重の説得に行ったまま帰ってこないという理由で黒田官兵衛も謀反の罪を着せられその息子・松寿丸を「消せ!」というお役目がまたまた一豊にまわってきます。ああ〜3週連続一豊いぢめストーリーか、、、と思ってしまいました。でも、六平太の先回りで殺すまでには至...... [続きを読む]

受信: 2006年5月22日 (月) 21時07分

» 【功名が辻】第二十話 [見取り八段・実0段]
織田方の人質となり、千代に預けられていた黒田官兵衛の子、松寿丸は千代の機転によって命を救われた。千代がいなければ、一豊は秀吉の「消せ」と言う命令通り、松寿丸の命を奪ってしまっていたらしい。。。秀吉の命令は「殺せ」ではなく、「消せ」と言う事だったらしいが...... [続きを読む]

受信: 2006年5月23日 (火) 00時14分

» 功名が辻 第20話   [くつろぎ日記]
金八節、炸裂!!子供を斬ったと泣く一豊には「世の習い」と慰め、 退屈だと呟く進一郎には「城の中は酷いことになっている」とさとします。 敵であっても誠の闘い、獣ではない闘いをしたいという吉衛門。 一豊にも鉄矢の言葉が染み入るようでした。 [続きを読む]

受信: 2006年5月23日 (火) 14時31分

« 久しぶりに全員集合!! | トップページ | 一日が早い・・・ »