« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月28日 (金)

衝撃の・・・②

またまた更新を渋っておりまして、空いてしまいましたあ・・・。
今日は衝撃の告白その②です。わくわくしますねえ。(笑)
今回はそんなに重くないので安心して下さい。

実は、我輩ただいま仕事を探しておりまして、きままな?自由人なのです。世に言う「失業中」ってやつですね?

ピンチはチャンスと捉え、前向きに次は何をしようかと考えているところです。なので正確には索業中(業(なりわい)を模索中)とでも言いましょうか?

病気の事を理解してもらうのは難しいので、いつかは何かで独立せなあかんとも思いますしね。今は面接に行ったり、ネットから求職応募したり、本屋や図書館でいろんな情報収集したり、昔録画したビデオテープをDVD化したりと気ままに過ごしています。この半年間忙しすぎて全く自分の時間が無かったですから・・・。

そういう訳で、プロフィールにある”悩めるサラリーマン”は実は”悩めるクローンマン”という事でした。見た感じ、全然悩んでなさそうなんですがね。悩んでても明日はやってきますので、どうせなら明るく前向きに生きていきましょう!!何回転んでもその都度起き上がればいいんですから。

ここで渡辺美里さんの名曲からお気に入りのフレーズ
「これこそはと思うたった一つをいつの日か見つけ出して、お日様みたいに笑っていてね。たとえ この道が険しくても・・・。こんなに広い都会の片隅でめぐり合えたのはきっと偶然じゃない。今、あなたに心からサンキュ・・・・」(サンキュより抜粋)

【今日のプロ野球】
タイガース逆転負け・・今年はJFKに持っていけずにツライ。
ホークスは宗リンの逆転3ランで勝利!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

衝撃の・・・①

 さてさて、なかなかネタが尽きてきましたところで、そろそろ私の触れられたくない部分について少しお話したいと思います。(おっと~自虐ネタかい?)

今日は病院に行ってきたんです~。ここのところ頭をやられて精神科に・・・・・、っていうのは冗談でございまして、私、実はめっちゃ怪しい病気を抱えているのでございます。
たぶん、僕がブログ開始宣言した方はもうご存知だと思いますが、その名も「クローン病」なる珍しい名前でございます。国が有難くもない難病に指定してくれておりまして、医療費の補助は国からあるものの、食事制限があったり、仕事に支障をきたしたり、いろいろと厄介なのであります。
冒頭に”触れられたくない”と書きましたが、正しくは、”自分自身が認めたくない”のであります。これを認めてしまえば、病気という事であらゆる犠牲を覚悟しなければいけないからです。できれば一人の人間として普通に人生を送りたいですし、いろんな夢も叶えたい。病気という事でやりたい事、なりたい事を諦めるのはまっぴら御免です!!
だから僕はこれまでクローン病の患者サークルには参加した事もありませんし、極力その話題のホームページなどは覗かないようにしてきました。自分が病人だと認めたくなかったからです。
しかし現実には・・・悪くなったり良くなったりを繰り返し、時にはつらい痛みや吐き気と闘い、転職する際には病気だと告白した途端に面接官の顔色が変わり不採用になったり、自分が病人であることを思い知らされるのですよ。出来る事ならこの大腸をそっくりそのまま交換できたらどれだけいいかと何度思ったことか。気力で病を追い払おうといろんな本を読んで実践してはまた襲い掛かってくる・・・なんとも困ったものです。しかしこれも僕に課せられた運命、試練なんですね。ある方の話では、「神様はその人がのり超えられる試練しか与えない」んだそうです。とすると僕は神様から見ればよほど強靭な精神を持っていると映ったのでしょうか?
また、戦前の大哲学者・中村天風氏の教えによると、「体が病になっても心まで病になってはいけない。病は忘れる事によって治る。逆に病や試練に感謝して生きよ。潜在意識を積極的に保てばどんな試練も乗り越えられる。」そうです。ほんまかいな~?と思いますが、根が単純な僕は信じない訳にはいきません。(笑)
幸いにも、その教えを意識し始めてからは大腸の病変は極端に悪くなったり(腸管が狭くなったり穴が空いたり)していませんし、手術歴もありません。完全に絶食をしている人から見れば僕は調子のいいときは普通に食べますし、まだ恵まれている方だと思います。
まだまだアマちゃん哲人ですが、いつの日か心底からこの病気に感謝しながら涙ながらに「あばよ!!」とサヨナラできる日が来ますことを祈ってま~す。

今日はK大病院に久しぶりに通院したのですが、な、なんと新しい病棟が出来ているではないですか!!今まで入院病棟は薄暗い不衛生な病棟だったのに、めっちゃ明るい清潔感のある感じ。これから入院が楽しくなりそう??ちなみに熊本のS会病院はロビーからホテルのようで、病室も広く、いたるところにラウンジみたいなスペースがあってめちゃめちゃ快適でした。九大も外来はまだ古い病棟を使うようなので、もう数年は我慢ですかね?そしてそして、以前の主治医を訪ねて行ったら海外に留学されてて・・・後任の先生はな、なんと僕にクローン病の病名を授けてくれた先生だった!!ここ8年間岡山の大学に異動してたのですが、また戻ってきたとのこと。なんかすごい縁ですねえ??って感心している場合ではない。この先生はメチャクチャ検査が好きな先生なんだあ。しかも念入りに妥協を許さず検査するのだあ、ギャア助けて!!

以上、衝撃の?病気告白でした。今後も自分の病気を認める認めないの果てないジレンマは続く・・・。あまり触れたくないのですが、たまにはこの病気についても少しづつお話していきたいと思います。クローン歴10年ですので、この病気になったばかりで悩んでいる方のお役に立てたらな~とかえらそうな事考えたりして・・・・。クローンに関心のない方はすっとばして下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

ブログの名前変えました。

ブログの名前変えてみました。あんまりにも変哲のないタイトルだったものですから、ちょっと気取って横文字です。I WILL BE ALRIGHT は渡辺美里さんのアルバム「BIG WAVE」の中に入っている曲のタイトルです。1993年に発売されたアルバムですが、今聞いても力をもらえる曲が一杯入ってますよ。「いつかきっと」、「ブランニューヘブン」、「BIG WAVE やってきた」などなど・・・。是非是非聞いてみて欲しいです。

Music BIG WAVE

アーティスト:渡辺美里
販売元:ERJ
発売日:1993/07/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今日はソフトバンク・ホークスまたまた負けてしまいました。打線が全然打てませんなあ・・・高橋秀聡がいいピッチングしていたのに、もったいない。相手ピッチャーの前川は近鉄時代はキレやすいピッチャーで打たれだしたらすぐカッカして手のつけようがなかったのに、タイガースで少しは精神的に成長して戻ってきたのかな?もっともタイガースではほとんど出番ありませんでしたが。2試合連続完封負けは4年ぶりという不名誉な記録。宿敵西武は今日も勝ち、頭一つ抜け出ました。やばいっすよ!ピッチャーは計算できるのに打線の援護がない。城島がメジャーで活躍しているだけに、彼の穴が大きく感じる。せめて宗リン早く帰ってきてくれ~!!

一方タイガースは今日はアニキがやってくれました。先制ホームランとダメ押しタイムリー!!さすがです。一時逆転されましたが、福岡柳川高校出身の台湾の4番、林威助が代打でタイムリーを打ってくれました。よっしゃー!!最後は我等が守護神、久保田がぴしゃり。エース井川に今シーズン初勝利がつき、言う事なしです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »